Img_7018d436105c176592b12e71781ce6ef
「恋唄綴り」

序章 「恋唄を聴きながら」

戯曲「スタニスラフスキー探偵団」よりー「貌斬り KAOKIRI」
の舞台8公演、並びに映画部分の撮影を終え、一週間が過ぎた。
年を挟んでの約2ヶ月、28日間の稽古期間、そして本番、撮影を加えた54日間、ずっとずっとこの作品のことだけを考えてきた。
大袈裟でなく、夢の中でも芝居をしていたこともある。休みの日も、一人でじっくり稽古出来る、一人で役について考えることが出来る、身体は休むが思考は舞台モード、そんな日々だった。

そんな訳で、ここんところは毎晩、思う存分、酒を呑ませていただいている。明日、台詞が吹っ飛んでも構わないのだ。声が酒に焼かれていても問題ない。こんなに気楽なことはないではないか!?
差し入れで頂いた日本酒やら焼酎を、有り難くもちびりちびりと飲りながら、疲労し、格闘し、興奮した時間を消毒するように呑んでいる。時に、舞台のテーマソングとなった「恋唄」なんぞを聴きながら…。
しかし何故かこれがいっこうに酔わない、むしろ頭が冴えてきて、いろんなことを思い出す。そして眠れなくなる。眠れていないのにすこぶる元気、ジム通いを再開する有様。
明日は今後の仕事の打ち合わせ、2月頭には新しい仕事も控えている(脚本が遅れてるみたいだが…)。だから、気持ちはしっかり切り替わることが出来るはずだ。
だけど不意にこの一年のことを、この映画、舞台のことを、何かしらの形にして残しておきたい。そんな気持ちが芽生えたので、すっかりお蔵入りになってしまった撮りためた写真と共に、マイペースに綴りたいと思うようになった。

映画「貌斬り」は既に編集に入ったという。ここから先は監督のもの。舞台が始まれば演出家は芝居に介入することが出来ない。それと同じで、映画の編集に入れば出演者は介入出来ない。
上手な演技をしようと思って、舞台に立った日は一日もない。そうではない、もっと別な試みを持って、もっと別な企みを秘めて8回に及ぶ公演に臨んだ。そしてその全てが映像に刻まれているはず。なので勿論、修正は出来ない。撮り直しも出来ない。下手をした場面はそのままに、あるがまま、ありのままが映っているはず。滅多に観れないものが、そこには確実に映されているはず。なので完成された映画を、何より僕自身が一番楽しみにしている。

そして願わくば、その完成された映画を、劇場では観ることが叶わなかった人に、そして舞台を観てくれ、更に映画を観たいと思っている人に、とにかく一人でも多くの人に観てもらえたらと思っている。その時はまたあの暗闇の中、映画館のスクリーンでだ。DVDになる確証もない。いや、あの暗闇の中にでこそ観てもらいたい! 是非に!!
クラウドファンディングで出資を募っているのもその思いから。
映画監督が、創りたい映画をオリジナルで創ることが本当に難しい時代になってしまった。そしてそんな映画に関わりたいと思う俳優の自分にとっても、映画との関わりがとても難しくなってきてしまった。それでも初志は変わらない。映画監督のオリジナル作品に、僕は一本でも多く参加したい。
映画に魅せられた十代の頃、その頃に魅せられた監督たちと今、仕事をしている。共に映画を創っている。その実感が誇りであり、これからへの原動力ともなってくれている。特に昨年はそういう一年でもあったと思う。

この「貌斬り」は、細野辰興という映画監督が、「これを撮りたい」「これを創りたい」と切望し、そしてまた僕自身が「それを演りたい」「それを演り遂げたい」と奮い立ったところからスタートした映画でもあります。
モーションギャラリーサイトで、細野さんが「不届きな企画」と語っているけれど、草野康太が主演すること自体も、不届きな企画、試みなんです。だからそれに応えたい、成功させたいという思いだけの日々でもありました。
その挑戦に終わりはなく、まさにこれからが始まり、映画の完成と、映画がどのようにお披露目され、お届けされていくのか? それを見届けるのも、主演を課せられた自分の義務、命題!だとも思ってます。
だから余計に、何かを語りたくなるのかもしれないけれど、映画監督、風間重兵衛役を経た今はタブーを語ってもダメージもへったくれもないような気もしています。

そもそもの始まりは、昨年2014年の2月のこと、、、
序章があまりに長くなってしまたので続きはまた後日(いつになるか解らないが、クラウドファンディング終了までには完結させる予定です)。よかったら、下記のクリックとあるこのサイトと共に、今後ともお付き合いください。。。
 (Click!) 

Comments

kanaloa… | 01.27.2015 00:04
舞台 お疲れ様でしたッ! 映画も 是非とも観てみたいです♪♪♪ 色々な情報 楽しみに待ってますッ♪♪♪
ともこ | 01.27.2015 00:30
あぁ〜康太くんの横で酒を交わしながら、ずーっとずーっと、この続きを聞いていたい、、まだこの舞台の中にいるのね、、しばらくは真っ白か、、。いまは存分に好きにしてください。なんて酒がすすむお話し、、あたしも御供いたしますぞ映画で逢える日まで、、。
kouta | 01.29.2015 22:38
kanaioa… さま
ご来場ありがとうございました。公開までまだまだ時間かかるかと思いますが、舞台の上の熱意をもって、またスタッフの皆様と共に、どうにか上映にこぎつけられるよう、頑張ります!

ともこ さま
映画で逢えること、僕も願っています。その時こそ、よいお酒を。。。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする